名古屋市緑区青山2-196

名古屋市緑区青山2-196

CLINIC BLOG BLOG

荒木歯科のインプラント

歯科用CT完備

歯科用CTは、通常のレントゲンと異なり、3次元画像(立体)で確認することが可能です。顎の骨の状態や神経の位置まで把握することができるため、豊富な情報からしっかりと診査・診断を行い、精度の高いインプラント治療を提供いたします。

アストラテックインプラントを採用

数多くあるインプラントメーカーの中から、当院では世界4大インプラントの1つであるアストラテックインプラントを採用しています。
骨との結合に優れ、短期間で治療を完了することが可能です。また、患者さまへの負担が少ない特長もあります。

サージカルガイドを使用

インプラント治療では、顎の骨にインプラント体を埋め込みます。その際に少しでもずれたり、角度が異なってしまうと、神経を傷つけたり、何かしらの害が生じる可能性があります。
そこで当院では、CT画像から診断した位置・角度へ埋入できるよう、サージカルガイドを使用しています。

CERECによる被せ物

当院では、石膏模型を使わず、デジタル印象が可能なCEREC(セレック)を導入しています。データにより実際の口腔内を再現するため、精度の高い被せ物を作製することができます。また、データはコンピュータに保存されているため、インプラントの被せ物(上部構造)にトラブルがあった際には、すぐに対応することが可能です。